Pick Up!

ガーボン逮捕される。ep.1

親不孝通りにて

昨年、私逮捕されるという人生初の経験をしました。
その日は突然。ホントに突然やってきました。
いつものとおり自分の事務所でのほほんと仕事していたら。。。
突然の見知らぬ人の来客。
インターホンでは1人のオジサンだったんですが、招き入れると5人の男性陣。
みんな刑事さんでした。見事にすぐに私を取り囲み。
「ガーボン(もちろん本名)さんですね。署まで同行願えますか」とぱっと見でわかる一番偉そうな刑事さんが低い声で一言。
私の頭の中はというと。。。???だけ。とことん????。まるで?????だけ。
一応、国家権力には逆らえないと事務所をかたづけて。気持ちを落ち着かせて。
でも、なにがなんだかわかんない。
マンションを降りると黒いクルマがまってました。乗ったら覆面パトカーでした。
唯一、浮かんだのがこのデリエッチのサイトのこと。あぁ~アダルトサイトとか長年やってるからか・・・どっか電話帳に載せてるお店が違法なことでもしたのかな??なんて。。。
パトカーの中では一切喋ってくれない刑事さん。
私がなにか質問しても「わかってるでしょう」としか言わず、ウンウンと頷くだけ。
私は不安になると饒舌になる傾向があり、
ホントに何が何だかわかんないけど、悪いコトやったという自覚が全くないので“事情が分かったらすぐに帰られるだろう”と不安もありながら、どこか軽い気持ちだったのかもしれません。
それがいけなかったのかも知れません。

連れて行かれたのは近くのではなく、遠くの警察署。ここでもなんでだろう??と。
詳しくは書きませんけど。
部屋に通されるとおもむろに拘束されました。軽く。。。ですが。
そして「あなたを逮捕します」と告げられました。

え??? 今??? ここで???
ガーボン。。。逮捕されたの??

容疑は「おクスリの所持」でした。
嘘やーん。そんなモノ所持どころか、見たこともないで!と心の中で叫びました。
結局、デリエッチとか関係ないことに安心。
そして、これはナニかの間違いで間違いない!と確信。
やっぱりすぐに帰られる!と自分なりに簡単に思ったのも・・・今思えば・・・間違いの元でした。

つづく。

関連記事

  1. 街角にて

    ガーボン逮捕される。ep.8 終

  2. 中洲の女の子スナップ

    ガーボン逮捕される。ep.5

  3. 西新のまち

    ガーボン逮捕される。ep.7

  4. 博多駅前にて

    心機一転。

  5. 大濠公園にて

    ガーボン逮捕される。ep.4

  6. 中洲にて

    ガーボン逮捕される。ep.3

  7. 中洲スナップ

    ガーボン逮捕される。ep.2

  8. 中洲の大洋

    ガーボン逮捕される。ep.6

CATEGORY

PAGE TOP